s

祭りに関する情報が満載!

祭りに欠かせない山車の魅力

日本の伝統的行事として、外国人にも広く認知され、また人気のあるものとして挙げられる代表的なものが「祭り」です。
日本全国各地において、実に様々な祭りが一年を通して行われています。
それらの中で、欠かせない要素の一つが「山車」でしょう。
人に祭りの魅力とは何かを問うた時にどのような返答が返ってくるか、ということを考えた時、出店などと並んで非常に人気の高いものの一つが山車であると言えます。
その大きさや内容、祀っている神様の種類など、こちらも実に多くの種類がありますが、どれも魅力に富んでいて楽しみの一つであると言えるでしょう。
全国的に有名なものとしては、青森のねぶた、大阪岸和田のだんじり祭などが挙げられますが、これ以外にも祭りの出し物としの山車は枚挙に暇がありません。
そのために全国を巡っている人もいるくらいですので、これまであまり参加したことがないという人も、まずは地元の行事から積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

お祭りにおける山車の魅力について

お祭りで登場する山車の魅力は曳き廻しです。
そのため、曳き廻しの迫力が人気のお祭りというのは見物客が多く規模も大きいという特徴があります。
山車を引き回すためには舞台が大切です。
最も美しく見えることに加え、より一層迫力が感じられる道の幅と町並みが求められるのです。
そのため、山車というのは江戸時代の町並みと道の幅に合うように作られているとまで言われているほどです。
こうしたことから現在の区画で整備された大通りなどよりも、昔ながらの区画が残り現在では狭く感じてしまうような道の方が好ましいのです。
また、実際にお祭りもそういった道を選択してルートを決定しています。
さらに、観客との距離感も独自性があります。
観客と参加者の間に明瞭な仕切りなどは存在せず、ほぼ参加者と観客が同一になっている様子でお祭りが進行していくのです。
細い道に侵入してきたものを壁に張り付く様子で見物し参加者も同様に壁に張り付きながら操るのです。

Valuable information

ネックストラップの作成なら
http://www.neck-strap.jp/

Last update:2016/9/23

Copyright 2015 わっしょい! All Rights Reserved.