祭りに関する情報が満載!

祭りでバイトを雇うとき

祭りが開催されるときにおいては、道路沿いに様々な種類の露店が出店するということがあります。
露天の運営は個人のみで行ったり、もしくは家族や知人らと共同で働くという場合が存在しています。
このとき、個人がバイトを雇うことを決定したときには次のような方法を視野に含めることが可能となります。
バイトを雇うときには、直接雇用する場合と間接的に採用するというパターンに分類されていくことがあります。
前者では雇い主による募集と面接が必要であり、後者では派遣を依頼するという作業が発生します。
祭りにおいて直接スタッフを雇うときには、個人が賃金や労働時間を決めることができるという利点があります。
また、スタッフに対する直接的な指揮権を保有することができるという点も挙げることができます。
他方で派遣を使うときには、採用活動をしなくてもよいというメリットがあります。
特に祭りにおいては、開催期間が限定されているのでその時だけ働くことができる人材の派遣を期待することができます。

祭りのバイトを検討してみよう

祭りのバイトは、見回るだけで思いがちですがそれは誤りです。
祭りにはたくさんの人が集まるので、それ故にさまざまな問題が起こります。
それらをうまく対処することも必要ですが、表情を使い分けるのも重要だと思います。
どういう事かというと問題が起こっていない時はお客の1人に成りすまし、問題行動が起こったらすぐ注意しに行く事になります。
もちろん気を抜き過ぎはいけませんが、見回り中に険しい表情をしていては他のお客さんが楽しめません。
そこで周りにバイトだと悟られないようにするのです。
中にはユニフォームなどで気づかれてしまうかもしれませんが、それでもそこまで注目を浴びる事はないはずです。
一方問題行動を起こす人はそういうバイトの人を意識します。
いないからこそ問題行動を起こします。
逆にいる時はわざとらしく大人しくしている事がほとんどです。
迷惑行為は現行犯の時に注意するのが1番有効です。
それにより祭り中の秩序は守られる事になります。
人が楽しんでいる姿を見ると楽しめる人には向いているでしょう。

recommend

OAフロア

2017/8/18 更新

Copyright 2015 わっしょい! All Rights Reserved.